いゆろぐ

読書や雑記。自閉症の中学生が書いています。特別支援学級に入っています。

「赦す」ということ

こんにちは、いゆです。

自分は、SHE'Sというバンドが大好きです。

YouTubeに上がっているMVや公式サイトの「Discography」に、Vo.&key,井上竜馬さんの「セルフライナーノーツ」というものがあるんです。

「ライナーノーツ」は簡単に言えば「解説文」のことです。

曲を作った方自身が書くので「セルフ~」ですね。

ライナーノーツ - ライナーノーツの概要 - Weblio辞書

「Unforgive」という曲があります。


www.youtube.com

こちらの曲のセルフライナーノーツが、物凄く今の自分に響いてきました。

赦せる人が最も強いと思っていた。嘘をつき、正当化し、見せしめて、人の見下し、間違いへのつけ込み、洗脳の為の偽造。悪意を持ち人を傷つけ笑って飯を食う人間を、僕は赦さない。赦したくないものは、赦さなくたって良い。

(公式サイトより)SHE'S

 

先日、合唱コンクールがあったんですね。

聴きにだけ行ったのですが、そこで吹奏楽部の顧問を見てしまって。

自分はその顧問にいじめられていたので、最も会いたくない、見たくない相手です。

しかもステージに上がって準備したりしていて、めちゃくちゃ声が聞こえてきました。

そこで嫌な記憶が一気に溢れてきてしまいました。

mameiyulog.hatenadiary.com

mameiyulog.hatenadiary.com

なんかすごく悲しくなってきてしまいました。

自分のまだ短い人生の中で、顧問は間違いなく「赦せない人」です。

(ちなみに「赦す」という漢字は、「罪を認める」的な意味があるそうです)

忘れよう、忘れようと思いますし、できるだけ思い出さないようにしたいです。

でも、やっぱりそれは出来ない。

そんなことを思っている時に、「赦したくないものは、赦さなくたって良い」

という言葉に救われました。

自分の感情も間違っていないんだな、と思いました。

それに、「赦せる人が最も強いと思っていた」というのも凄く分かる気がして。

「赦せない自分、恨みすごいなぁ」と思っていたのですが、それを全部肯定してくれた気持ちになりました。

だから、このことをバネにして、自分を高めていきたいです。

腕まくりをする人のイラスト(女性会社員)

読んでいただきありがとうございました(●'◡'●)

にほんブログ村 中学生日記ブログへ
にほんブログ村