いゆろぐ

読書や雑記。自閉症の中学生が書いています。特別支援学級に入っています。

シリーズ物の本を読む時は、時間を空けてはいけない

こんにちは、いゆです。

読書が好きです。

なかでも好きなシリーズがこちら。

チーム・バチスタ」シリーズ(田口・白鳥シリーズ)です。

すごく面白いんです。

でも、自分からするとめちゃくちゃ複雑な内容です。

大学病院が舞台です。

万年講師の田口医師と、厚労省の官僚、白鳥の掛け合いがなんとも面白いです。

白鳥はなかなかぶっ飛んでいて。そこが一番好きです。

 

まぁ病院が舞台なので、医療用語は難しいです。

他にも、言葉や慣用句(ことわざ??)も難しい言葉が多いです。

読めない漢字はスルーします(笑)

 

読み進め、あとは最終巻だけ!というところで、図書館にないことが判明。

4か月ほど時が経ち、自分の住んでいる場所の図書館で見つけました。

それが「ケルベロスの肖像」

やった!見つけた!という気持ちで読み始めたのですが。

内容が分からない!

4巻あたりからの話が混じっていて、しっかり把握していることを前提に物語が進んでいってしまって・・・。

また1巻から読もうと思います。

 

学んだのは、

シリーズ物を読むなら、時間を空けないで読まなければ!

ということです。

 

気をつけます。本当に焦ったので(笑)

読んでいただきありがとうございました(●'◡'●)

 

クリックお願いします◎

にほんブログ村 中学生日記ブログへ
にほんブログ村