いゆろぐ

読書や雑記。自閉症の中学生が書いています。特別支援学級に入っています。

4月の読書振り返り

こんにちは、いゆです。

4月の読書振り返りをしていきます。

3月の記事はこちらからどうぞ!

mameiyulog.hatenadiary.com

37.私の家では何も起こらない-恩田陸

めちゃくちゃ怖かったです。

子どもが瓶詰めにされるシーンなど、描写がリアルで怖かったです。

想像してしまいます・・・・・。

誰もいない家で1人で読んだのが悪かったです(笑)

怖いのに、面白くてやめられない一冊でした。

38.悲しみの夜にカピバラが教えてくれた大切なこと-瀧森古都

カピバラが主人公と見せかけて?そうではありません。

動物園で拾われた「カピバラになりたい」という男の子に、

「加比原譲二」という名前をつけ、

加比原さんが大人になってからの生活が描かれています。

ほんわかした話かなぁと思っていましたが、かなり深く暗い問題に直面したりと、

色々と考えさせられる物語でした。

人に優しくしたり、思いやりを持つことは大切だと改めて感じました。

39.チャップリン自伝 若き日々-C.チャップリン 訳 中里京子

チャップリンが好きです。

「ライムライト」という映画に感動して、チャップリンのことをもっと知りたいと思って読みました。

チャップリンは小さなころから、たくさんの苦労をしてきたのだと分かりました。

その苦労の上に、感動したり、面白い映画が成り立っているんだと思います。

驚いたのは、チャップリンは自分の苦労を「つらそうに」書かないということです。

「こんなに大変だった」とか、どんなにつらかったかを強調しないんです。

どんな時も、自分には何が出来るかを考え、実践する。

なんて尊敬できる方だろうと思いました。

こんな人になれるよう、自分も頑張りたいと強く思える一冊です。

下巻もあるのでゆっくり読みます。

40.ドミノ-恩田陸

買ったけれどずっと読めずにいた本です。

登場人物がめちゃくちゃ多くて、それぞれにめちゃくちゃ個性があって、最高でした。

最初に、人物紹介と一言のコーナーがありまして。

そこだけでも面白すぎて何回も読んでしまいました(笑)

途中から、登場人物が誰か分からず混乱してしまい、結末がよく分からず終わってしまいました。

もう一回読みます!!

41.消滅 VANISING POINT(上)-恩田陸

空港の入国審査を通れず、別室に呼ばれた人々。

究極の人工知能、キャスリンに「この中にテロリストがいる」と告げられます。

テロリストを探し出すまで、帰ることは出来ません。

考えただけで嫌ですね・・・・。

テロリストなんて、いつ見つかるかも分からないのに。

ところでこの「キャスリン」、見ただけでは人間と変わりないそうです。

私たちの中に、「人間に見えるけど人工知能」という人?がいたら怖いですよね。

謎は深まり、下巻へ続きます。

42.消滅 VANISING POINT(下)-恩田陸

下巻です。

あっという間に謎が回収された感じです。

下巻の途中から登場人物が分からなくなってきてしまい・・・・。

誰なの?という気持ちで読んでしまいました。

しかし面白かったので大満足です。

44.私語と-尾崎世界観

クリープハイプ尾崎世界観さんの、初歌詞集です。

何回も聴いた曲でも、「言葉」として紙に印刷された歌詞を読むと、深く心に入ってきます。

大切に読み続けたい本だと思いました。

そして「私語と」っていうタイトルが凄く好きです。

歌詞はどこまでも「私語」かもしれないし、それでも「仕事」で書いている面もあるかもしれないから。

上手な考察ではないですが(汗)

考えていると、こんなインタビュー記事を発見しました。

尾崎さんがタイトルについて話されています!!

rollingstonejapan.com

「なるほど」と思いました。深く納得です。みなさん読んでみてください。

終わりに

いかがだったでしょうか?

4月は読書量が少なかったです。

5月はもう少し、本を読む時間を作ります!!

読んでいただきありがとうございました。

にほんブログ村 中学生日記ブログへ
にほんブログ村