いゆろぐ

読書や雑記。自閉症の中学生が書いています。特別支援学級に入っています。

いつもの考え方が変化した、きっかけ。

こんにちは、いゆです。

自分は、「家にいるのがつらい!!」ということをブログに書いてきました。

mameiyulog.hatenadiary.com

父や祖母が、大嫌いです。

なにかすれば、怒られるのではないかとビクビクしています。

「家に帰りたくない」という気持ちから、放課後等デイサービスの利用も始めました。

しかし、ある人の言葉から、自分の考えは変化したのです。

 

それは、特別支援学級の担任の先生の言葉です。

3者面談をしたときに、「家にいることがつらい」ということを伝えたんですね。

すると、先生もそんな経験があったことが分かりました。

先生は、お母さんが大嫌いだったそうです。

それに、おばあちゃんがすごくお金に汚い人で、いつもお母さんの悪口を言われていたとか。

先生のおばあちゃんは、自分の祖母とめちゃくちゃ似ています!

お金に汚いし、人の悪口を言いまくるし・・・・(苦笑)

先生はこう話してくれました。

「そういう経験をして、小さなころから大人の汚い部分を見たことで、

得られたものは確実にあった」と。

グッときました。

多くの人が、社会人になってから、人の醜さ、汚さに気づくと。

悪い噂話をする人たちのイラスト(棒人間)

しかし自分の場合は、中学生の「今」から気づくことが出来ています。

「こんな酷い言葉を平気で言える大人がいるんだなぁ」

「こんな小さなことで人はキレるのか」などなど、

こういったことに気づき、早くからあまりよくない部分を学ぶことで、

もしかしたら将来、同じような悩みを持つ人にアドバイスが出来るかもしれない。

そして、自分は絶対にそんな人にはならない」人間性を高めることにも繋がると思いました。

とても良い3者面談でした。先生に感謝です。

 

父と祖母が大嫌いなのは変わらないし、家は好きな場所ではありません。

それでも、だいぶ楽になりました。

人からの言葉って、強いですね。

言葉ってすごい

読んでいただきありがとうございました(●'◡'●)

 

クリックお願いします◎

にほんブログ村 中学生日記ブログへ
にほんブログ村