いゆろぐ

読書や雑記。自閉症の中学生が書いています。特別支援学級に入っています。

話しかけるタイミング

こんにちは、いゆです。

人に話しかけるタイミングって、難しいと思いませんか?

自分は、すごく苦手です。

部活の顧問にいじめられた話を記事にしているのですが、

きっかけは「話しかけるタイミング」が悪かったことなのかなぁと思っています(笑)

自分が、思ったことを言ってしまうからかもしれませんが、

そんなことはもういいです。

 

今、特別支援学級に行っています。

生徒の人数が少ないので、先生との距離が近いです。

教科によっては、授業形式ではなく、「個別指導」に似た形式で授業をしてくれる先生もいます。

また、技術などの実技教科でも、一人一人しっかりと見てくれます。

技術や美術の授業は、進み具合がバラバラだったりするので、基本は「個別」です。

そういう時に、「話しかけるタイミング」の事を考えてしまいます。

 

自分のするべきことが終わったら、

「終わりました」「できました」と言わないと、伝わりません。

いくら生徒が少ないとはいえ、先生は1人です。

他の生徒の勉強を見ていたりするわけです。

言わないで黙っていては、何も進みませんよね。

この時「終わりました」と言うタイミングが分かりません!!!

「あ、今先生は他の子を見てるな」という事を考えてしまって、

なかなか声を出せません。

思い切って言うのですが、「あ、今タイミング間違ったかも」と思ってしまい、

1人で悲しくなります(笑)

九官鳥に話しかける女の子のイラスト

 

どうすれば、「話しかけるタイミング」が分かるんでしょうか。

分かる方がいましたら、ぜひ教えてください。

読んでいただきありがとうございました(●'◡'●)

 

クリックお願いします◎

にほんブログ村 中学生日記ブログへ
にほんブログ村