いゆろぐ

読書や雑記。自閉症の中学生が書いています。特別支援学級に入っています。

【読書記録】蜜蜂と遠雷/恩田陸

こんにちは、いゆです。

今日は、恩田陸さんの小説「蜜蜂と遠雷」という作品について書きます。

 

あらすじ↓

私はまだ、音楽の神様に愛されているだろうか?

ピアノコンクールを舞台に、人間の才能と運命、そして音楽を描き切った青春群像小説。

『蜜蜂と遠雷』|本のあらすじ・感想・レビュー - 読書メーターより引用(改行は筆者)

芳ヶ江国際ピアノコンクールを舞台に、コンクールに挑戦するピアニストを描いた作品です。

4人のピアニストを中心にして、物語が進んでいきます。

自分は文庫で買いました。上下に分かれています。

長い物語でした。

しかし、全く飽きません。

読み終わりたくない!永遠にこの物語が続いて欲しい!とまで思いました。

4人のピアニストのキャラクターが、すごく魅力的です。

ずっと読んでいたい。

小説なので、ピアノの演奏も言葉で表現されています。

音が浮かんでくるようでした。

あぁ、自分もピアノが弾けたらなぁと強く感じました(笑)

習いましたがすぐに辞めてしまったので、改めてピアノが弾ける人は凄いと実感しました。

蜜蜂と遠雷」は映画化もされています。

自分は、映画を先に観ました。

何も知らずに観たのですが、本当に楽しめました。

また、先に観たことで、小説を読んだ時に、登場人物が想像しやすくなりました。

そのため、小説を読むのがより楽しくなりました。

登場人物に愛着が湧いてくると言いますか(笑)

読めば読むほど、登場人物のことを好きになっていきました。

 

ピアノコンクールにも興味が湧いてきました。

「今すぐ聴きに行きたい!」とまで思いました。

いつか、ピアノコンクールを聴きに行ってみたいです。

やってみたいこと、してみたいことがまた1つ増えました。

ぜひ読んでみてください。

ありがとうございました(●'◡'●)

 

クリックお願いします◎

にほんブログ村 中学生日記ブログへ
にほんブログ村