いゆろぐ

読書や雑記。自閉症の中学生が書いています。特別支援学級に入っています。

母からの教え

こんにちは、いゆです。

今日は「母からの教え」ということで、自分が母から教わったことを書いていきます。

 

自分と正反対の母

自分は、

・運動が苦手

・ネガティブ思考

・何事も深くまで考えてしまう

一方の母は、

・運動が大好き、得意

・ポジティブ思考

・物事を深く考えない

全然違いますね・・。(苦笑)

母はすごく明るくて、コミュニケーション力も高いです。

なぜ自分のような性格の子供が生まれたのか、謎です。(笑)

しかし、仲が悪いというわけではなく、何でも話せる存在です(●'◡'●)

教え1「挨拶は人生の基本だ」

母からいちばん言われてきたことは、「挨拶をしっかりする」ということでした。

母いわく、「挨拶ができればなんでも上手くいく」

社会に出たことのない自分には「なんでも上手くいく」のかは分かりませんが・・。

挨拶のできる人は、仕事もできるそうです。

自分も、挨拶だけは誰よりもしているという自信があります。

教え2「死ぬわけではない」

例えば、学校でどうしても嫌なことがあるとき。(クラスにいた時は体育でした)

母「体育やって死ぬの??死なないでしょ!!」

自分「はい」

死ぬわけじゃないんだからやりたくないこともやれ、という根性論です(笑)

教え3「人生100年しかない」

自分はめちゃくちゃネガティブで、学校へ行けなくなったときも、

「このままじゃ公立高校にも行けない・・。どうしよう」とかずーーーっと考えていました。

しかし、「人生100年なんだからやりたいことをやりなさい」という言葉で、考え方が変わりました。

別に、公立高校だけが進学先ではありません。

視野を広く持て、という意味もあるのかもしれません・・。

まとめ

以上、自分の母からの教えです。

あまり共感できる内容ではないと思いますが(笑)、いかがだったでしょうか。

母は少しばかり変わった人で、(自分も変わっていますが)他にも面白エピソードがたくさんあります。

自分の家族は冷たい人ばかりで、唯一母が自分の話を聞いてくれる存在です。

父は「父親」ですが、怒られた記憶、罵倒された記憶しかなく、苦手意識が強いです。

母に感謝です。

 

カーネションを持ったウサギのイラスト

 

読んでいただきありがとうございました(●'◡'●)